愛と死の妄想 悲壮耽美な情景  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

ギロチンのドレス


奥さまは、広場でギロチンにかけられます。」
貴婦人は牢の中でもメイドが世話をしていた。
「処刑の時はどんなお服がいいかしら。」
彼女は真っ白なドレスを選んだ。
「首を切られた身体に、真っ赤な血がきっと映えるわ。」
自分では見られないのが残念ねと、彼女はメイドに笑いかけた。

[PR]
by kikuryouran | 2015-07-24 03:18 | 処刑 | Comments(0)