愛と死の妄想 悲壮耽美な情景  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

銃殺


数人の射手の前に女が平然と立った。
元は彼らの上官の女だった。
射手の全てが抱かれたことがあった。
「顔は撃たないでちょうだい。」
彼女は目隠しを拒んで、白い胸元を大きく開いた。
轟音と共に、美しい乳房に銃弾は交点を結んだ。
[PR]
by kikuryouran | 2015-07-14 21:35 | 処刑 | Comments(0)