愛と死の妄想 悲壮耽美な情景  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

お題

テーマを頂いたようなので少し考えてみます。
しばらくぶりですのでできるかどうかは分からない。
随分過激なものをご希望のようですが・・・。
[PR]
Commented by kirikiri at 2012-06-13 23:28 x
「帯を解け」というのが、過激だったのでしょうか?妻の返事としては「嫁して三年、子無きは去れ。と、言いますが、旦那様は違いました・・・・。」と、言う返事もありますが・・・。過激であろうと無かろうと、おまかせ致します。今夜は、下腹を撫でながら、久々に手習いをしてみます。
Commented by 玉梓 at 2012-06-14 21:53 x
Kiku さま

折から紫陽花七回忌です。大きな期待を込めて
お待ちしております。

紫陽花に 腹切る女 血の猛り
慰めの腹割き黄泉の人を恋い

Commented by kikuryouran at 2012-06-16 04:01
枯れてなお色香を残す雨の花

慰めて心に潜む根をしごき

懐かしき鳴門の渦に消えしこい

潔し首を延べける女腹

共に割き想いを遂げる夢の恋
Commented by 玉梓 at 2012-06-16 10:28 x
Kikuさま
先にお届けいたしました2句は、kiku さまが2008年
の7月6日に木良山さま紫陽花三回忌に当たってお詠みに
なったものの中から頂きました。

懐かしいのと、好きなので、お許しもないのに
引用させていただきました。ご無礼、お赦し下さい。
頑爺七回忌のご発句、ありがとうございました。

共に割き 想いを遂げる 夢の恋

心に沁みいる心地がいたします。
by kikuryouran | 2012-06-13 01:00 | Comments(4)