愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

女の名前


目が覚めると、大柄な女が横に寝ている。
二人は何も身に着けていなかった。
煙草を吸いながら、昨夜ホテルのバーでこの女を誘ったことを思い出す。
女が目を覚まして、私の吸っている煙草を取った。
「名前、聞いていたっけ。」と私が言った。
「私と結婚でもしてくれるの?」と彼女は笑いながら煙を吐いた。


[PR]
# by kikuryouran | 2015-10-30 06:29 | 平成夢譚 | Comments(0)

思い出の喫茶店


「別れたいと言い出したのはあなたの方からよ。」
女が立ち上がって出ていくのを、男は黙って見送った。
ちょうど一年前のこの喫茶店だった。
あの時も小気味よいジャズのリズムが店に流れていた。
彼はコーヒーをもう一杯頼んだ。
薄暗い店の隅に、懐かしい女が自分を見ているのに気が付いた。


[PR]
# by kikuryouran | 2015-10-29 01:03 | 平成夢譚 | Comments(4)

地球滅亡の日


社会の仕組みのすべてが機能を停止していた。
「こんな時に遭遇するなんて、俺はなんて不運なんだ。」
「私はあなたと一緒に死ねる幸運に感謝するわ。」
『しがらみ』から解き放たれ、死を共にする者だけが寄り添っていた。
人々は愛を交わし合いながらその時を待った。
彼らを一瞬で消すために、暗黒の大王が空を覆った。


[PR]
# by kikuryouran | 2015-10-28 00:29 | 平成夢譚 | Comments(12)

切腹の夢


桐子はお臍の下を横一文字に切った。
柔肌を赤い血がすだれ、腰から下を染めていく。
「ついに切った・・・。」
身体の中心が火照り、熱く濡れている。
指で一気に駆け上がり、白く光を放って魂が砕け散る。
美しく死ぬ夢を見て、自らを慰める女がいる。


[PR]
# by kikuryouran | 2015-10-27 01:52 | 女腹切り情景 | Comments(2)

勝負下着


大鏡の前に私は裸で立った。
もう若くはないが、まだ見苦しい身体ではなかった。
大きくないが崩れていない乳房、締まった腰、自慢の長い脚。
先日買った勝負下着を着けた。
なかなか良い女じゃない。
これで誘わなかったら、あいつは男じゃないね。


[PR]
# by kikuryouran | 2015-10-26 06:30 | 平成夢譚 | Comments(0)