愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

愛の記憶

日本が敗戦してひと月程も経っていた。
秋の気配がする早朝、大内礼子は割腹自決を遂げた。
夫の大内武夫中尉は、終戦間際に戦死している。

もう深夜に近い。
礼子は斎戒沐浴して、白単衣を素肌に着けた。
既に奥の六畳に支度は調えていた。
ここは夫婦の寝室に使っていた部屋だ。
この部屋で初夜を迎え、夫と最後に過ごしたのもこの部屋だった。

幼い頃からの許嫁で、彼女が女学校を出るとすぐに華燭の典を挙げた。
「俺が戦死しても、取り乱してはならない。」
彼は軍人の妻の心得を説いた。
「その時は、私もお後を追います。」
夫の手を自分のお腹に這わせて、新妻は誓った。
それは彼にとって、最も嬉しい言葉だった。

逞しい胸が私を抱きしめた。
固く勃った愛の徴しが私のお腹を突き上げる。
それは愛する人の健康な欲情だった。
私は全てを捧げる喜びを味わった。
彼は男らしい直截さで私の中に押し入ってくる。
濡れた花弁が受け入れ、二人がしっかりと結ばれる。
その時私は彼の肉体の一部になり、彼は私だけのものだと実感できた。
それは陶然とした一体感だった。
これが前の世から決められていた運命だと、その時私は確信した。

彼がいるような気がして、周囲を見回してみる。
戦死の知らせは、まだ数日前に届いたばかりだった。
真新しい白木位牌が目の前に置いてある。
「これから、あなたとの約束を果たします。」
彼はきっと自分を見守ってくれている。
そう思うだけで、どんな苦しみにも耐える勇気を与えられた。
f0035462_20214739.jpg
礼子は座を占め、前肌を開く。
彼の手で押し開かれたような気がして、少しときめく自分に気付く。
ゆっくりと腹を撫で揉んで、切り割く辺りを確かめる。
愛撫された指の感触を思い出す。
彼女にとっては、すべてが彼との愛の行為だった。
用意していた短刀を手に取った。
ずっしりと手に馴染み、美しい光を放っている。
緊張で息が大きくなる。
瞑目して、しばらく息を整える。
身体が火照るほどに気が満ちてゆくのがわかる。
静寂がすべての時間を止めた。

腰を浮かせて、逆立てた刃にゆっくり身体を預けていく。
突き上げる刃は、まさしく夫の男根だった。
それは膚を割いて血を滴らせた。
「ウムゥゥゥッ・・・・。」
痛みは一瞬だった。
身体を捩りながら耐えた。
極度の緊張で汗が噴き、身体のすべてが強張り震えている。
傷はまだ浅い。
それでも、ついに切ったという安堵があった。

前に屈んで、短刀を両手で握る。
腰を揺らして横に割く。
思っていた以上の激痛だった。
叫びそうになるのを堪えた。
激しい痛みが間断なく襲う。
流れ出す血が意識を奪っていく。
白単衣は、赤く染まっていった。

その時、脳裏を不思議な既視感が通り過ぎる。
確かにどこかで同じような経験をしている。
それは懐かしい前世の記憶だと思えた。

朦朧とした意識で夢を見る。
もう苦痛は感じなかった。
愛する人に抱かれていた。
次々と人の顔が浮かんで消えた。
幾世をも生まれ変わり、巡り逢う魂の輪廻を悟る。
幸せな達成感が彼女を包んでいる。
心地良い闇がゆっくり訪れた。


[PR]
# by kikuryouran | 2017-11-18 22:47 | 女腹切り情景 | Comments(2)

老醜ながら

お情けもって腹召せとのご状、有り難くお受け仕ります。

お目に晒すは恥ずかしき身なれども諸肌脱ぎ。
死に後れ、かくも醜く老いさらばえて候。
拝領の九寸五分押し頂いて、右手(めて)に握り。
切り割く辺りを左手(ゆんで)で揉み、息を調え尻浮かせて前屈み。
己が腹を一文字に切り割きます。
お許しあるなら、花を愛で慰めて逝きとうございます。
最期は、胸刺し貫いて果てる覚悟なれども。
お手をお貸し下さるも苦しからず。

前の世の縁(えにし)や、波漂うてめぐり逢い
互いの心覗き合い、浅ましくも色に狂う
今生は夜毎の夢の通い路に、秋の葉の散り舞うて老いの坂
拙くも手の運び、介添えられて次の世は
永久(とわ)の契りを楽しみに、必ずお待ち申します。


[PR]
# by kikuryouran | 2017-11-11 20:56 | 女腹切り情景 | Comments(1)

皺腹

「皺腹切ってお詫びいたす。」
胸元開いて下腹までも露わにする。
逞しい胸に幾つもの傷痕がある。
年寄り自慢の戦場傷、それぞれの傷に由来話がある。
脇差尺三寸、刃先残して幾重にも布に巻き込み逆手に握る。
片膝立ちに腰を浮かす。
切り割く辺りを確かめるようにしばらく撫ぜて息を整えた。
見守る者の目は一点に注がれた。
一瞬後にはそこが切り割かれて血に塗れる。
誰もが固唾を飲んで待ち構えた。
一気に突き立てる。
刃先沈んで血が滴る。
「うむぅぅぅっ・・・」
苦し気に身体が震え揺れる。
すべての筋肉が硬直していた。
痛みを堪えて横に割く。
「姫様、このように、・・・。」
脇から割いて中程まで届く。
「介錯してつかわせ。」
傍らの女中に姫が命じられた。
薙刀を脇に掻い込み女が庭に下りる。
「爺殿、介錯仕ります。」
「かたじけない。」
脇差を腹に抱えたまま、男は前に屈んで首を伸べる。
薙刀一閃、首は見事に飛んで血が吹き上がる。
頭部を失った身体がしばらく痙攣して血を流し続けた
首は姫の足元まで転がった。
「爺よ、見事であった。」
姫は満足そうに笑みを漏らされた。


[PR]
# by kikuryouran | 2017-11-05 04:08 | 男のharakiri | Comments(4)

雲海心中

女は武家の妻女、男はその家の若侍。
三十路女と若者の恋は、燃え始めるともう消せなかった。
想い断ち難く、ある日二人は手に手を取って逃げた。
生きたかったのではない、共に死のうと決めたからだった。

死出の旅に末の憂いなく、ただ欲情の赴くまま時を惜しんで愛し合う。
喜悦の合間に夢を見る。
何度もなますに斬られて目を覚ます。
「きっと地獄に落ちような。」
女が男の胸で呟いた。
「共に死ねれば浄土でございます。」
頼りなげであった若者が、少しの間に頼もしくなっていた。
浅ましくも二匹の獣が貪り合うごとく。
情欲は涸れず、肉は倦むことがなかった。

峠近く、めったに人の入らぬ獣道の傍らに、五畳ほどの平らな場所があった。
春は草、秋は落ち葉で自然の褥、時に修験者が束の間の休息をとる。
山道を迷いながら二人はそこにたどり着き、身を寄せ合ってひと夜過ごした。
夜が明けると、周囲は雲海たなびき幻想的な景色が広がっている。
「まるで雲の上にいるような。」
「いかにも、仙界浄土の眺めでございますな。」
「ここでもう、いいではないか。」
「肉は獣に喰い荒らされましょう。」
「外道に落ちた我らには、ふさわしいかもしれぬ。」

身元の知れるものは全て隠した。
数日経てばこの世には、骨の欠片も残るまい。
男は下帯女は腰巻だけの姿。
「後悔はしませぬか?」
「あなた様との交わりは、命を懸けて悔いませぬ。」
「そなたに逢えて、幸せでした。」
「次の世も、離しませぬ。」
女は若者の一途さが嬉しかった。
愛しい男の手にかかる幸せに酔った。

男の手には抜き身尺三寸、女が身を投げる。
受け止めて、突き立てる胸の谷間。
震え悶える女を抱いて、刃を抉る。
男は女の生暖かい血を全身で受け止めた。
苦痛はひと時、女は幸せな夢に遊んだ。
逞しい胸に包まれ、花芯潤い、闇に沈んでいく。
男は女の震えが収まるまで抱き続けた。

幸せそうな死に顔を見ながら、若者は刃を腹に突き立てた。
片膝立ち、苦痛に顔が引きつり、全身が震える。
腰を揺らしながら一気に切り割いて一文字。
血が失われて気が遠くなる。
存外に心地よい。
女の呼ぶ声が耳に響いている。
情に殉じて女と死ぬるか。
面白い世ではなかったが、良い最期であったな。
満足そうな笑みを浮かべて男は女に重なり伏した。

色付く落ち葉がはらはらと舞った。
風が霧を運んで二人を包み込んだ。


[PR]
# by kikuryouran | 2017-10-28 16:47 | 心中情死 | Comments(3)

女士官切腹

「お前も軍人として、責任の取り方はわかっているわね。」
河南誠子少佐は厳しい口調で言った。
山口レイカ中尉は直立して聞いている。
女だけの部隊だった。
K国スパイの若者が、中尉に近付き情報を盗み出した。
彼女は被害者とも言えるが、機密漏洩の責任は免れない。
「自分はどのような処分もお受けする覚悟です。」
「できれば、事件を公にしたくないの。」
事件が公になれば、女性部隊の威信が傷ついてしまう。。
「軍の威信を守るために、自決してもらえるとありがたいわ。」
「それは、命令でしょうか。」
「あなたの身の処し方で、女でも軍人の覚悟はあると認めさせてやれるわ。」
少佐が諭すように言った。
中尉は、少佐の意図がやっとわかった気がした。

最近では女性士官も珍しくないが、軍の上層部にはまだ男たちの偏見がある。
『女に腹が切れるか。』
事に当たって切腹の覚悟があるか否かは、幹部士官の資質に大きな問題だとする空気があった。

「このままでは、女は認めてもらえないの。」
「私が腹を切れば変わると。」
「女でも切腹できると証明できるわ。」
しばらく沈黙の後で、中尉が最敬礼しながら言った。
「山口レイカ中尉は、機密漏洩の責任を取らせて頂きます。」
彼女は軍服の上から腹に拳を這わせた。

自室に戻って中尉は身辺の整理をした。
数通の遺書を書き、支度が済んだのはもう深夜に近かった。

彼女は、悔しいとは思わなかった。
自分が軍人になったのは、美しく死にたいと思ったからだ。
そして今、自分は最も軍人らしい最期を迎えようとしている。
これが自分に最も相応しい死に方かもしれないと思っていた。
女の覚悟を、男達に示すための先駆けとして腹を切る。
それは心地良い想像だった。

部屋はコンクリート作りで、隣室に音の漏れる心配はなかった。
軍人官舎であるこの部屋なら、血まみれになっても了とされるであろう。
最期の衣装は素肌に白の軍服を着けた。
鏡に写った姿にレイカは陶然として満足した。
「なんて美しいんでしょう。」

古来、切腹にはその方法に伝承がある。
士官学校では、自決の心得として腹の切り方を教えられた。
上着とズボンの前ボタンを外して、下腹までも露わにする。
短刀は自決用として用意していた。
刃は七寸余り、身幅狭く先鋭く手に馴染む。
腹を切るには申し分ないと思えた。
刀身に白布巻き付け、逆手に握る。
膝立ちに腰を上げて、腹を揉む。
全ての神経はこれから切り割く辺りに集められた。
処刑するのは自分、腹を割かれるのもまた自分。
それは自らの手で魂を昇華させる崇高な戦いだった。
軍人として立派に死を全うする事に精神は高揚し、もう躊躇いはなかった。

息を計って、叩きつけるように腹に突き立てる。
「ウムゥ・・・、アゥゥゥ・・・。」
一寸余りも刃先が沈んで血が滴る。
呻きを漏らし、腰を揺らしながら刃を横に引く。
「アグゥ、ウムゥゥゥ・・・。」
筋肉の全てが硬直し、震えていた。
頭の中で進軍ラッパが響き続けた。
それはまさに孤独な戦闘だった。
膝間は赤く染まり、敷き詰めた布団が血を吸っていく。
レイカは手を緩めない。
狂ったようにお腹を割き続けた。


「見事な切腹ね。」
モニターを見ながら河南少佐が呟いた。
官舎の全ての部屋に隠しカメラが仕掛けられている。
一部の幹部だけが知っている秘密だった。
そう遠くないいつか、自分もまた切腹する予感が彼女にはあった。
画面の中で、レイカが女の中心を刺し貫いている。
すでに狂艶の頂を見て、彼女の表情は穏やかな笑みさえも浮かべていた。
「美しいわ。」
それはエロスの極まりに思えた。
河南少佐は女の芯が疼き始めたのがわかる。
マグマをもう止めることはできなかった。 
思わず指が延びる。
魂は快感とシンクロして昇り詰めようとしていた。
「もうすぐよ、もうすぐ私もいくわ。」
苦痛と喜びが溶け合う死の陶酔に感応していた。
「あああっ、いい・・・。」
白い光を放って、魂が一気に弾け散った。


その半年後に、河南少佐は自決を迫られた。
彼女は拒むことなく見事な切腹を果たした。


[PR]
# by kikuryouran | 2017-10-15 05:57 | 女腹切り情景 | Comments(3)