愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

<   2015年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧

叢(くさむら)の唇

初めての僕を、彼女は隠れた唇まで導いてくれた。
心地良い襞の温もりに,僕はあっけなく逝ってしまう。
「さあ、今度は君が上になるのよ。」
上になって挿入する前に、彼女は優しく愛撫することを教えてくれた。
彼女の中で僕は何度も放出を果たした。
感謝の気持ちを込めて、僕は甘酸っぱいその唇に口付けをさせてもらった。

[PR]
by kikuryouran | 2015-08-05 03:06 | 平成夢譚 | Comments(0)

美少年の追い腹


初老の武士が美少年に懸想をかけた。
「生涯一度、想いを遂げらるればこの命を差し上げる。」
「それほどに望まれるは此の身の幸せ。」と少年は身体をまかせた。
想いを遂げてその武士は、約束通り見事に切腹して果てた。
「これほどの想いに応える術は他になし。」
少年はその武士の傍らで追い腹を切った。

[PR]
by kikuryouran | 2015-08-04 04:27 | 美しい少年 | Comments(0)

樹海の女陰切腹

朝まで待ったが男は来なかった。
女は一人で樹海に入っていった。
誘われるように彼女は木の根方に座り込んだ。
今生最後の慰めは、淫ら叫びを森に響かせて、眠る女たちの霊を呼び寄せた。
もう男の顔は浮かばなかった。
ゆっくりと淫らな膣を裂き子宮を貫いて、見守る女たちの元に彼女は旅立った。

[PR]
by kikuryouran | 2015-08-03 21:19 | 平成夢譚 | Comments(0)

少女隊自決


敵に囲まれて少女たちは死を覚悟した。
「生き恥をかくよりは潔く・・。」
一人がお腹に刃を突き立てた。
「苦しくはないわ、さあみんな・・・。」
次々と後に続いた。
やがて昇った旭日が、彼女たちの美しい最期を飾った。

[PR]
by kikuryouran | 2015-08-03 05:00 | 女腹切り情景 | Comments(0)

敗軍の女士官切腹


指揮官の切腹が条件になっている降伏勧告を彼女は受け入れた。
敗軍の指揮官は美しく若い女士官だった。
両軍兵士数万の見守る中で、彼女は潔く腰から上を脱いだ。
武人として鍛えられた筋肉質の身体に、形良い乳房が女の色香を充分に感じさせた。
長い軍刀で腹を割きながら、彼女は全ての男達に犯されている夢を見ていた。
その妖艶な美しさに、見守る兵士たちは彼女を犯している幻想にとらわれていた。

[PR]
by kikuryouran | 2015-08-02 09:23 | 女腹切り情景 | Comments(0)