愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

腹切り心中

吹雪に降り込められた山小屋にひと組の男女。
女は三十路大身旗本の奥方、男はまだ前髪の若者だった。
不義ゆえの逃避行、追っ手は既に迫ろうとしていた。
「そなただけなら逃げられよう。」
「最期は共に潔く・・・。」
確かめる互いの覚悟。
「あなた様を私が懸想をしたばかりに・・。」
「真実は、妾(わらわ)が先にそなたを見染めた。」
女が男の胸に顔を埋める。
「寒うはございませぬか。」
「そなたに抱かれて夢のような。」
「奥様・・・。」
「心はそなたの妻として死ぬる、もう呼び捨てて下され。」
憚る者なき山中、女は男を導き交わる。
結ばれて貪り喰らう情欲は今生悦楽の極み。
昇天陶酔は至福の夢。

やがて白々と明け始め、周囲は一面の銀世界雪の静けさ。
「吹雪は止んだ、数刻で追っ手も来よう。」
肩脱ぎ落とし向き合うて、互いに見つめ合う今生の別れ。
真剣の冷たさ非情の光を放つ。
若者のためらうをみて、女が先に刃を滑らせる。
下腹を五寸ばかりも切り裂いて、励ますように男を見る。
「苦しゅうはありませぬ、さあ・・・。」
誘われるように、男も刃を突き立てる。
「うむぅ・・・。」
切腹は武家の意地、共に味わえば痛みも甘美。
「うぐぅぅ・・・。」
「あぁぁぁ・・・。」
励まし合い、競い割く己れの腹。
女盛りの妖艶さ、まだ清げな若者の腹切る哀れ、悶える肌に赤い血が簾。
不義は大罪なれど、愛に殉じるは女の本懐。
愛しい男と手を取り渡る三途の川、悔いはない。
どちらからともなくにじり寄り、互いの刃を受けて果てる。
二人共に見事な切腹、血まみれながら死に顔は笑みさえ浮かべているように見えた。

f0035462_5293230.jpg

追っ手は二人を首にして持ち帰り、胴はその傍らに重ねて葬る。
後年心中塚とも腹切り塚とも伝えられ、幾組もの心中者がその前で果てたという。
[PR]
by kikuryouran | 2013-01-08 05:31 | 心中情死 | Comments(14)

殉国の祈り


国難に当たり、巫女の一命を神に捧げて殉国の祈りを行う。

斎戒沐浴して神殿に向かえば、気は清浄としてそれを迎える。

乙女一人舞を奉納して神酒一献、拝礼作法に従う。

御簾内に入り、衣服脱ぎ落とし神と交接し、神刀をもって腹をかき切り終わる。

永久に祀られて国を守る、本懐これに過ぎるなし。
[PR]
by kikuryouran | 2013-01-01 02:54 | 女腹切り情景 | Comments(2)