愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

割腹の立ち会い

「俺は腹を切る。」
中尉はそう言って私を見た。
「結構だと思います。」
私は即座に最敬礼して答えた。
敗戦が決まって、各地で何人もの軍人が自決している。
一般人の自殺なら止めることができる。
しかし軍人のそれは名誉を守る戦いといえた。
「立ち会ってくれるか。」
「光栄であります。」
最期を託すのは最大限の信頼といえた。

その夜、私は中尉の家を訪れた。
都内だが、隣家とは離れている。
遺書が並べられ、支度はすべて整っていた。
飾りのない奥の小部屋で中尉は座した。
私は隣の部屋で見守った。

軍服の上着を脱いで白いシャツの前を開く。
逞しい胸と引き締まった腹があらわれる。
釦を外してズボンの前を開く。
真新しいふんどしから濃い草が覗いている。
「お前は見届けるだけでいい。」
それは介錯無用ということだった。
私は軍刀を側に置き、拳銃も持っている。

刃渡り八寸程の短刀、三寸余り残して布で巻きこむ。
腹を揉み、しばらく瞑目して気息を調える。
前屈みに刃先を下腹にあてる。
突き立てる。
全身が強張り痙攣しているのがわかる。
一気に汗が噴きだした。
「うむむううう・・・。」
苦痛を堪える声が漏れる。
巻き残した刃はほとんど没して、血がゆっくりとひざを濡らしてゆく。
「うぐぐっ、ぐううう・・。」
身体を揺らしながら刃を運ぶ。
それは壮絶な戦いだった。
脇まで届いた刃を抜き出す。
前に崩れてしばらく喘いでいた。

私は自分が切腹しているように思えた。
勃起していた。
膝に置いた手を男根が突き上げる。

握った刃先を胸元にあてる。
すでに意識は混濁していた。
死を完成させるために気力をふりしぼる。
それは崇高で高貴な姿だった。
中尉は逆立てた短刀に身を預けて屈み込んだ。
尖った刃先が背中に突き出て痙攣を続けた。

その瞬間、私の脊髄を快感が一気に駆け上がった。
私はズボンの中に射精していた。
[PR]
by kikuryouran | 2011-05-29 07:13 | 平成夢譚 | Comments(11)

白虎隊屠腹

傷を負った者もいる。
周囲は敵に囲まれていた。
「もう逃げるのは嫌だ。俺はここで自決する。」
和助が言った。
「俺も生きて捕らえられたくはない。」
源七郎が同意した。
「俺たちは会津の白虎隊だ。」
周囲で十人余りの少年が頷いた。
気の合う者同士で思い思いに散った。

潔く諸肌脱いで腰まで落とす。
まだ少年の薄い身体だった。
「介錯を頼む。」
腹に突き立てて引き回す。
振り下ろした太刀の下で真っ赤な血が噴き上げた。

あちこちから叫び声や呻く声が上がった。
刺し違えて抱き合う者がいる。
死に切れずに呻く者もいた。

「儀三郎、最期までお前と一緒だったな。」
「俊よ、俺はお前を・・・。」
「わかっていたさ。」
俊彦が笑った。
「次の世でも逢おうな。」
「ああ、約束だ。」
しっかりと抱き合った。

向かい合い、互いを見ながら腹を切っていく。
「最期は刺し違えよう。」
「心得た。」
もう周囲から呻く声も聞こえなくなっていた。

宗社(そうじゃ)亡びぬ 我が事おわる
十有九人 腹を屠(ほふ)ってたおる
[PR]
by kikuryouran | 2011-05-22 16:21 | 白虎隊 | Comments(5)

行きずりの介錯

夕刻近く、一夜の宿を求めて入った町外れの古寺。
無住とみえて人の気配がなかった。
呻く声に気づいて部屋に入る。
「お腹(はら)を召されたか。」
女が血まみれになってもがいている。
歳は三十路を越えていようか。
髪は御殿に結い浅葱単衣が赤く染まる
握る懐剣は黒漆拵えの家紋入り。
畳んだ着物の上にお家流の書き遺し。
覚悟の自害は疑いもない。

仰向けに寝かせると、下腹広く切り割いている。
長い間苦しんでいたのがわかる。
女は恥ずかしそうに見上げた。
「おねがい・・・。」
訴える目であった。
「このままでは死ねませぬ。」
もう自分で止めを刺す力はないように見えた。
美しい女だった。

女の身で喉を突かずに腹を切った。
生半な覚悟でないのがわかる。
腹を割いたが止めは急所を外して気を失った。
気が付いた時には流れ出た血が力を奪っていた。
手当をすれば助かろうが、死なせてやるのが情けであろう。

上に跨り立って太刀を抜く。
「ご介錯いたす。」
見下ろして太刀の刃先を胸の谷間にあてる。
見交わす上と下。
女が安堵の表情を浮かべて目を閉じる。
「有難う存じます。」
「お覚悟!」
ゆっくりと突き立てた。
[PR]
by kikuryouran | 2011-05-18 01:12 | 女腹切り情景 | Comments(8)

鎮魂の生贄

災害で多くの命が失われた。
亡くなった人たちの魂を慰めるために、王様は祭祀を命じられた。
「生贄を捧げねばならぬ。」
巫女の中から生贄が選ばれる。
それは最も高貴で名誉ある死であった。

王宮神殿の奥には祭壇が設けられ、その前には舞台が用意された。
生贄は王様と神官が見守る前で舞い、自らの手ではらわたを屠り奉納するのであった。
「ああ、なんと羨ましいお役目でしょう。」
誰もがうっとりとした目で祭壇に上がっていく巫女を見つめた。
[PR]
by kikuryouran | 2011-05-16 05:45 | 生贄 | Comments(0)

姫様ご切腹

「下がっていよ。」
菊姫は厳しい声で言われた。
浜路は名残惜しげに戸襖を閉め、隣室で気配を窺いながらその時を待った。
すでに覚悟は定まっていた。

菊姫は懐剣を前に置いて想いを凝らした。
自分を人質としながら、父は謀反を企てた。
今宵の内に死なねば、この命が足枷となろう。
かねてよりの覚悟、自害に迷いはなかったが死に方で迷っていた。
「女にも腹は切れよう。」
苦痛に恐れはなかった。
仕損じて生き恥をかくことだけを怖れた。
不思議な高揚と緊張感が女の芯を熱くさせた。
「腹を切り死ぬる。」
腹に拳を這わせて覚悟を確かめた。

座して胸元から下腹までも押し開く。
乳房は固くも既に男を知る身体。
下腹切り裂く辺りを指が探る。
間もなく血に濡れて美しく染まる肌。
春情の露置く繁み愛おしくも、慰める夢はひととき。
いつか女陰に指を這わせて、今生の名残りを味わう。

単衣落として腰に纏める。
懐剣をとり膚にあてる。
冷たい刃先が全身を痺れさせた。
のし掛かるように刃を押し込むと激痛が走った。
破瓜の痛みとそれは変わらぬように思えた。
「うむむむぅぅ・・・。」
唇を噛みしめながらも呻きが漏れる。
「あううううう・・・。」
気配を察して隣室の戸が開く。
「お腹(はら)を・・・。」
驚いたように浜路が言った。
菊姫が自害するのはわかっていても、腹を切るとは思わなかった。
「お苦しゅうございましょう。」
「形ばかりじゃ、深くは切らぬ。」
姫が笑いながら言ったように見えた。
「ご介錯を・・。」
「しばし待ちゃ。」
男まさりなお方だが、切腹は豪の者でも介錯なくし遂げるのは難しい。
浜路は部屋に入って控えた。
ご介錯し、自分も死ぬ。
それで自分の役目は終わると思った。
戦国の世であった。
何度も人が死ぬのを見ている。
常住死は身近にあり、ここを死に場所と思い定めればもう怖くはなかった。

浜路は腹切り悶える姫を見ながら、不思議な陶酔に包まれていた。
「もうすぐ自分も死なねばならぬ。」
幼い頃から、自害は喉を裂けと教えられている。
しかし今、姫は男のように腹を切っている。
「女が腹を切れるものか。」
女でも華々しく死ぬことを夢に見る。
絶え間ない呻き声と薄暗い灯りの中で揺れる白い肌。
それは羨ましくも妖艶と見えた。

姫は腰を揺らしながら割いてゆく。
「うむむむううううう・・・。」
夜具は血を吸い、裾乱れて秘所も血に染まる。
「うぐぐぐぅぅぅ・・・。」
やがて脇まで切り割いて懐剣を前に置き傷を確かめる。
「これでどうじゃ。臓腑までは届かぬが・・。」
 血にまみれて傷は臍下を切り割き八寸余り、切腹には充分な長さと見えた。
「お苦しゅうはございませぬか?」
「存外に良い心地じゃ。」
呻きを漏らしながら姫の身体が揺れる。
血が流れ出して姫の意識を朦朧とさせていくのがわかる。
「ご介錯を・・・。」
浜路が後ろから肩を抱くと姫は身体を預けてくる。
「お覚悟!」
抱きしめて乳房の下を刺した。
「ぐぐっっ・・・・・。」
腕の中で姫はもがいた。
抱き締めて深く抉る。
何度も痙攣して姫は動かなくなった。
浜路はそのまま姫をしばらく抱き続けた。

夜明けまでまだ時があった。
姫を横たえて死に姿を整える。
もう後は自分の始末をするだけだった。

隣室に下がって懐剣をとる。
腹切る誘惑に襲われた。
自分には介錯は望めない。
仕損じてはならぬ。
下腹を指でなぞる。
深く切れば臓腑が溢れ出る。
それでも死ねまい。
指が秘所を探る。
濃い繁みの奥に洞が口を開ける。
ここが女の急所、存分に抉れば死ねよう。
女陰深く突き立てる想像をして浜路は笑みを漏らした。
帯を解き、前を大きく開いて懐剣をとる。
彼女は壮絶な女腹切りに挑み始めた。
[PR]
by kikuryouran | 2011-05-13 06:06 | 女腹切り情景 | Comments(6)