愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

女切腹人

「吉村れつ、重き罪科に問うべきところ、日頃の忠勤お汲み取り下さり切腹申し付けられる。」
「女の身に切腹賜り、有難くお受け仕ります。」
「れつ殿、古来より腹切りし女はあれども、侍並みに切腹申し付けられた例はないと聞く。扇子にても構わぬと殿は申されておる。」
「有難きお言葉なれども、お情けにて賜りし切腹なれば真剣にて果たす所存。ご検視様にはお見届け下さいますようお願い申し上げます。」
「お覚悟確かに承った。」

奥方の側で仕えていた女が人を殺め、縁者の家に預けられて沙汰を待つ身であった。切腹の沙汰は昨夜届いていた。
「れつ殿、望み通りに切腹を許されましたぞ。支度も侍並みにとのこと、明日御検視役も遣わされるとお沙汰がありました。」
「打ち首の覚悟も致しておりましたが、有難いことでございます。」
「お望みがあれば申されよ。」
「有難きお言葉なれど、この期において望みとてもございませぬ。」
すでに支度は済んでいた。腹を切る自分を思いながらに床についた。

まどろみながら夢を見た。淫夢であった。裸で切腹座に着いて男達に視姦された。乱れながら切る腹からは、赤くもどす黒いはらわたが溢れた。夢だとわかっていた。愚か猥らと自分を笑う自分が居た。夢うつつの狭間で何度も目が覚め、眠ろうとしてまたまどろんだ。握り締める刃はいつか男根になっていた。のしかかって女陰に導く。
指が股間に伸びる。恥毛の感触を感じながら、躊躇うように周囲を彷徨い中心にもぐりこむ。ねっとりと温かい感触を確かめながら昇り詰めた。朝まで何度も寝返りをうちながらまどろみ目覚め、夜が明けかける頃やっと短い眠りに落ちた。

目が覚めると、すでに死ぬる日の朝が訪れていた。
「お目覚めでございますか。」
部屋の外から声がかかる。見張りを兼ねた世話係の女だった。夜通しの番をしているのは気がついていた。淫らな声を聞かれたかも知れぬと思った。

切腹衣装は、裃袴を許された侍並みのものだった。
「よう似合う。立派な武士の晴れ姿でございますぞ。」
上意申し渡しを終えた使者が励ますように言った。
「奥方様から内々お言葉を預かっておる。助命ならなかったは許せとのことであった。」
「女の身に士分お扱いの切腹は誉れと存じて、晴れの場に喜んで臨みます。」
晴れ晴れとした口ぶりでれつは胸を張った。
f0035462_11151096.jpg

[PR]
by kikuryouran | 2008-07-27 11:15 | 女腹切り情景 | Comments(0)

重ね串刺し

豊臣秀次は性残虐にして妊婦の腹を裂いたと伝えられる。男色衆道の好みもありながら愛妾の数は三十を超えた。その愛妾の一人、椿の方の不義密通が露見した。
「伊助、やはり切腹はお許しにならぬ。明日そなた達は串刺しにかけられる。」
さすがに牢内で伊助の顔が曇った。
「ご側室の中でも御寵愛深き椿の方を寝取った不義者、殿の怒りは凄まじい。そなたの父母は自害、椿の方様の縁類も何人もが死を賜った。」
「連座の方々へは申し訳ございませぬが、天下の豊臣秀次様のご側室と死ぬるは男の本懐。」
「椿の方も悔いぬと言われた。そなたと共に受けるなら、どれほどの仕置きも甘美と申され、その言葉がまた殿の怒りに油を注いだ。」
伊助は嬉しそうに顔を上げた。
「あの方はそのように。拙者も悔いませぬ。」
「見事に尻から槍を受けるか。」
「お方様と共になら、喜んで・・・。」
その顔は歓喜に輝いたとさえ見えた。

翌日城の奥庭には、煌びやかに奥方愛妾が居並んだ。小者警護まで女ばかりの奥であった。
「わしの寵愛を受ける身で不義密通とは許せぬ。その報いがどれほどか、見せしめにしてくれよう。」
秀次が残忍な笑いを浮かべて、居並ぶ側室達を見ながら言った。
庭の中央に引き出された二人は、縛められたまま裸にされ、男の陰茎に液体が塗られた。
「それは南蛮からの秘薬、果てるとも萎えぬ。交わるままに串刺しじゃ。」
面白そうに秀次が言った。

女が大股開いて横たわるキの字磔柱に括られる。秘所さえも露わにして横たえられている椿の方は、観念したように伊助を見た。伊助の男根は衆目の中で勃起していた。それが淫情ゆえか塗られた秘薬のためかはわからなかった。
「まぐあわせよ。どれほどに濃い情を交わすか見届けてくれる。」
数人の女が手を添えて、二人を縛ったままに磔柱の上で交合させた。脚を開かせ挿入して腰がピッタリと密着する。二人はそのまま重ね括られ、互いに顔が近付いた。
「お方様、このように辱められ・・・。」
「よいのです、悔いてはおらぬ。そなたと共に受けるなら、どのような仕置きも怖ろしくはない。伊助、妾(わらわ)の口を吸え。醜く叫んではならぬ。」
見つめ合って椿の方が叱るように言った。
「私も悔いはございませぬ。」
二人は口を重ねた。秀次や側室達からは結合したままの陰部肛門がはっきりと見えた。
「泣き叫べ、そのまま尻から串刺してやる。交わったまま逝けるがわしの情けと思え。」
もう秀次の目は血走り狂気の色を見せていた。二人の女が手槍を持って控えた。

伊助は幸せだった。重ね括られて、女の柔らかい肉のすべてを全身で感じていた。密着した女の身体も喜びを感じているのが彼にはわかった。それは地獄の苦痛を受けるとも、極楽の仕置きと思えた。乳房が震え立ち、奥まで貫いた肉襞が彼を締め付けて離さなかった。
「伊助、妾(わらわ)は今幸せじゃ。」
女が喘ぎながら呟いた。
「お方様、私も・・・。」
言いながらまた口を貪り吸った。
尻に冷たい槍の刃先が当てられる。女の身体が震えて同時に当てられたのがわかった。
「果てまする。御免。」
男が呻くように言って精を放った。
「いい、伊助、伊助・・・。」
縛り付けられたまま女が男の口を吸う。ゆっくりと尻から槍が差し込まれる。女の中で男は痙攣を続けて吐き続けていた。括りつけられた不自由な腰を二人は悶え揺らす。それは尻の穴を裂かれていく苦痛とも、淫情を迸らせて昇天する歓喜の悶えとも見えた。
居並ぶ者達の目には、濃い恥毛の中でしっかりと陰茎で繋がれている女陰が震えているのがわかった。陰唇から淫水がこぼれ流れる。ゆっくりと二本の槍が差し込まれていく。重なる尻の谷間で二つの菊花が裂かれ血を滴らせた。
「うぐぐぅぅ・・・。叫んではならぬ。伊助よ、口を吸うて離すな。」
「うむぅぅ・・・。」
互いに吸い合い声を堪えた。
ぐぐっ、ぐぐぐっ、ぐいぐい。尻から入った槍先が二人の臓腑をえぐりながら入っていった。
秘薬のゆえか、男は最期まで萎えなかった。二人は悶えながらも口を吸い、淫らに喘ぎながら槍を受けた。槍は急所を避けながら臓腑を突き破り胃の腑を貫いた。叫びは昇天歓喜の淫ら声に聞こえた。
手槍は二人の喉元まで届いて、股間から二尺余りも股間に残した。血は尻肛穴から流れながら、肌を破らなかった。二人を括りつけたまま庭に磔柱が立てられた。
見上げると槍を伝って血が滴り、陰茎で繋がる女陰が淫水を滴らせ続けていた。
「美くしゅうございますこと。」
一人の側室が思わず呟いた。
「そなたも不義をいたせばあのように・・・。」
秀次が怒ったように言った。
「いかにもあのようにお願い申します。」
睨み返した側室の顔は、淫らに上気しているように見えた。

f0035462_723062.jpg

[PR]
by kikuryouran | 2008-07-20 07:02 | 処刑 | Comments(0)

鳥居型磔


http://kikuryouran.blog116.fc2.com/blog-entry-3.html

闇の仕置き人さんのいう鳥居型磔とは、このようなものでしょうか。
[PR]
by kikuryouran | 2008-07-11 10:51 | 処刑 | Comments(0)