愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

介添え女腹切り

鄙びて見えて、贅を尽くした普請の屋敷。主(あるじ)の名をも告げられぬまま導かれ、座敷に通されてもう半刻も待たされていた。今宵この家で腹切る者があるという。私は大枚の謝礼で立会いを依頼されていた。
「お待たせいたしました、こちらへ。」
武家とも見える女の案内で、渡り廊下を抜けると離れ家があった。
「お待ちでございます。よろしゅうにお願い致します。」
それだけ言うと、女は下っていった。
部屋は八畳、床を背にして切腹支度の女が一人待っていた。
「ご造作をかけます。余儀ない仕儀から腹致さねばなりませぬ。」
「立会いとお聞きしているが・・・。」
「柔弱な女の身、お介添えお願い申したく。」
よろしゅうにと頭を下げた。二十歳半ばか、髪の形からは武家の奥勤めと見える。すでに白単衣の死に衣装色香漂い、美しい面(おもて)は落ち着いた様子と見えた。腹切らねばならぬとなれば、いずれは武家の義理からの自害であろうか。
「事情は知らぬが、女の身で腹を召されるとはよほどのお覚悟、ご存分にと申すしか言葉はないが。」
「そなた様は秘かに切腹介錯もいたされるとか。ゆえあって、手を借りずに腹切る態で果てねばなりませぬ。胸一突きで済むなら人を頼まず致しましょうが、切腹となれば心許無くご足労を願った次第。」
仕草言葉つきから、よほどの身分と感じさせた。
「お苦しみ多いと存じますが、お介添えして遂げさせましょう。」
しばらく目を合わして、私は頷くよりなかった。

白木三方に載せた切腹刀、刃先二寸ばかりも光を放つ。居ずまい正してその前に座す姿は凛として美しく、女はしばし瞑目して気の満つるを待つ。切腹立会いの心得は気を乱さぬが肝要、心定めて突き立てるまでが大事。突き立てれば覚悟も定まり、ただ一途に切り割くばかり。私は黙ってその時を待った。部屋は静寂に包まれ、重苦しい時が流れた。
「死ぬる覚悟はあれども、乱れて肌顕わすはためらわれ・・・。」
「腹割いて逝くは想い顕わすが大事、肌の乱れは後ほど整えましょう。」
女は軽く会釈の後、躊躇いながら襟元開き肌露わにしてゆく。細い指が胸の谷間から撫で下げ、腹押し開いて切り割く辺りを探る。腹して果てねばならぬ事情があるのであろうが、この女には酷かもしれぬ。武には縁無い柔らかな肉付き、介錯なく腹切るほどの力はないと思えた。
「女性(にょしょう)の腹は浅くも広く、止めはお胸になさるがよい。お苦しみ激しくば手を添えて差し上げる。」
上げた顔は、さすがに心細げに頷いた。
「参ります。」
自分に言い聞かせるように呟いて、女は作法通りに白木三方を押し頂き、切腹刀を逆手に執って、尻下に敷き膝を割る。腹押し出して揉みしだき、ひと呼吸、ふた呼吸、肩が大きく息を吸った。
前屈みに、のしかかるように切腹刀を突き立てる。刃先が膚を破って肉に入ると喘ぎとも聞こえる呻きが漏れた。
「あむうぅぅ・・・」
頭(こうべ)揺らせて痛みをこらえ、そのまま腹から迎えるように押し当てる。刃先はズズッと一寸ばかり脂肉に切り入り、ゆっくり血が滴り始めた。
「それでよい、そのまま切り拡げられよ。深腹してはなりませぬ。」
腰尻揺らして、歪む窪みの下まで刃を運ぶ。
「うむぅぅ・・・。」
眉根寄せ、苦しげな声を漏らして息を継いだ。
「お介添え申し上げる。」
私は後ろに回って抱きかかえ、切腹刀に手を添える。
「よろしゅうございますな。」
「おねがい・・・。」
力を込めて、一気に脇まで切り裂いた。女は腕の中で乱れ悶えた。抱く乳房柔らかく揺れ、背の震えを胸が受け止める。寄せた顔耳元に喘ぐ声、首にかかる髪おしろいの匂いが艶かしい。
「もう、お任せなさるがよい。」
身を任すように、女の体から力が抜けてゆくのがわかった。脇まで切って刃を抉り抜く。
「苦しゅうござろう、いましばし。」
「お恥ずかしゅうございます。腹も切れぬ未熟者にて・・・。」
「見事なお覚悟であった。立派な切腹でござる、お心遺しなく。」
女が握る刃に手を添え、胸元急所に刃先をあてる。
「かたじけなく・・・。」
小さく呟く声を聞きながら、突き立て抉れば生温かい血が噴き、心の臓裂く手応えと共に痙攣を身体で感じた。
「ううううぅーーー」
震える女をしばらく抱き締めるうちに、やがてぐったりと身体から力が抜けていった。

「おかげさまにてつつがなく。」
戸が開いて、ここまで案内した女が現れ、腹切った女の死に姿を整える。
「このお方は、名は明かせませぬが高貴なお方。武門の意地づくから腹切らねばならぬこととなりました。死ぬる覚悟はあれども、腹切るとなれば元は武門のお家には非ず、恥ずかしくなくし遂げたいと仰せられてご依頼した次第。表向きには病にてお隠れとなりましょう。」
切腹刀を手にして伏した姿は、介錯頼まずに遂げた明らかな切腹。女は愛おしそうに髪を整えながら涙を浮かべていた。
「ご立派に果てられました。ご満足でございましょう。」
「美しいお方であった。」
「いま一つ、ご依頼したき事がございます。お側にあって、お守りもならなかったお詫びをせねばなりませぬ。此の始末が済んで後、私もお側に参ります。お手をお借り申したく、お願い申します。」
女は、何事でもないように私を見た。
[PR]
by kikuryouran | 2006-12-27 10:59 | 女腹切り情景 | Comments(0)

美しい切腹人

普段は男の入れぬ城の奥離れ家の庭の一角、周囲を幕で覆い切腹座が拵えられていた。白単衣の死に衣装、髪は結い上げ笄一つで纏めて細首露わ、切腹座に着いたのは美しい女だった。
「松島殿、望み通りに切腹賜りました。神妙に致されよ。」
前に座った奥女中と見える女が申し渡した。
「重き仕置きも覚悟のところ、切腹賜りお礼申し上げます。」
受け答えによどみなく、涼しげな声はその覚悟をうかがわせた。

奥取締の松島殿、男勝りのご性格と聞く。奥方様の覚えめでたくお勤めなされたが、綱紀の緩みを表向き目付より指摘され、その責を負うて切腹を願った。
「この松島に切腹仰せ付けられて、奥の覚悟をお示しなされませ。この腹一つで追求は止まりましょう。」
三十路前女の盛り、その美しさは奥随一と言ってはばかる者もなかった。

「そなたが介錯下さるか。」
「拙者は目付より差し遣わしの介錯役山崎十内、お心安くなさいませ。」
この場で唯一人の男であった。
「そなたは据え物斬りの達者と聞く、お目付殿によろしゅうお伝え下さいませ。」
松島殿は頭を下げられた。
「目付様よりお言伝を預かっております。此の度の仕儀、役儀ゆえの無礼の段お詫び申し上げる。松島殿のお心は我等とて疑いもなく、身を捨ててのお覚悟感服の極みにて、後のご心配なくお逝きなされよとの事でございます。」
「それは有難きお言葉、何よりのこと。」
振り向かれたお顔は、嬉しそうに晴れやかに見えた。
「お目付殿ご苦労はお察し申しておりました。役目ゆえの無礼は互いのこと、私とてお恨みはなく、この腹一つにてお納め下さいますようにと。」
「承知仕りました。」
頷いて座を正し、しばらく瞑目の後、松島殿は帯を解き緩め襟を寛げ、前肌胸元から下腹まで露わにされる。太刀の鞘を払い後ろに立つと、白い首筋うなじが艶かしく、豊かな乳房が覗き見えた。松島殿は扇子腹断って、真剣にての切腹望まれたとか。出自は武門のお家柄と聞いた。
切腹刀を載せた三宝を押し戴き、刃を執って腰下に敷く。胸元から撫で下ろす白魚の指さすがに震えて、押し出した下腹を脇から揉みしだきながら息を整える。
「声をかけるまでお待ち下さるように。」
振り向かぬままに声をかけられた。
「承知いたしました、ご存分になされませ。」

身体を捻って前屈み、ためらいも見せず刃先を脇に突き入れる。
「ウムゥッゥゥゥーーー。」
形よい腰尻が揺れ、背が震えて呻きが漏れる。臍下一寸柔らかな肉を切り裂いて、ただ一途に腹を割く。
「ウムゥーー、ウムムゥーー。」
悲愴な呻き声響かせ、血は内腿を伝い膝間を濡らす。なだらかな肩を襟が滑って乱れる胸元から片乳露わ、右脇までも柔肌一文字腹し遂げて、血に濡れた手で切腹刀を引き抜いた。両手をついてうずくまり、細首前に伸ばして三宝に載せた尻双丘が微やかに震える。首筋に汗が噴き、髪を纏めた笄揺れしばし悶えて、苦しげに息づく様はすでに介錯の時と見えた。
「お願い・・・申します。」
「御介錯仕る。」
気合と共に振り下ろす太刀一閃して首半ばに斬り込めば、骨断つ手応えと共に血が噴き出し、切り放った頭部が髪を乱して前に転げた。首を失った胴は尻突き出して痙攣し、膝間に血の池を作って崩れた。

「首尾はいかがであった。」
お目付は役宅で待っていた。
「噂通りに美しいお方でございました。作法通りの一文字見事にし遂げられ、介錯仕りました。」
「あの方ならばさもあろう、言付けはいかがであった。」
「役目ゆえの無礼は互いのこと、お恨みはないとのことでございました。この腹にてお納め下さるようにと申されました。」
「女首の斬り応えはいかがであった。」
「あの呻き、悶える腰、柔肌のあの妖艶さには手も狂います。首斬り落とす瞬間、恥ずかしながら精を放っておりました。」
「惜しいことをいたした。次はわしも立会い、今一人腹切らすか。」
目付役は奥の女の顔を思い浮かべ、腹切る姿を想像して股間が疼くのを感じていた。
[PR]
by kikuryouran | 2006-12-23 18:27 | 女腹切り情景 | Comments(0)

ギロチン台の貴婦人

「あのギロチンが私の首を切り落とすのね。」
牢屋の窓から外を見ながらクリスティーナが言った。
「奥様にはあの台の上で四つんばいになっていただき、お首を固定いたします。あの吊り上げられた大きな刃が、一気に頭を切り落とします。」
牢番の男が馬鹿丁寧な言い方で説明をした。
「殿方たちの前で、はしたない格好をさせるのね。」
彼女は澄んだ青い瞳で意味ありげに笑った。
「お苦しみなく、一瞬で神様の元にお送りいたします。」
彼女はしばらく考えていたが、キッパリと言った。
「首を切るのはよいがこのような姿では嫌です、それぐらいなら舌を噛みます。死体の首をお切りなさい。」
元の召使が呼ばれて、衣装が取り寄せられた。

広場は群集で埋め尽くされていた。舞踏会に臨むような真っ白な盛装で、クリスティーナはギロチン台の下に立った。
「皆様、ご機嫌よろしゅう。今日はよいお天気で結構ね。」
会釈をすると、その華やかな美しさに皆息をのんだ。胸元からは見事な双丘を覗かせ、細く絞られた腰から大きく広がるスカートは足元を隠していた。
「奥様、お上がり下さい。」
刑吏が丁寧な口調で促すと、スカートの裾を少し持ち上げて、彼女はしっかりとした足取りで階段を上がっていった。言われた通りに四つんばいになってギロチン台に首を載せる。
「首を切るのはよいけれど、髪を切ってはなりませぬ。」
付き添い人が首にかかった金色の髪を巻き上げてやった。
「ありがとう、あなたに神様のご加護がありますように。」
微笑さえ浮かべて礼を言うと、彼女は白く細い首を伸ばした。首を木枠で固定され、広がった裾からフリルの付いた下着が丸見えになる。
「殿方はこのような形をお好みなのね。」
艶美な笑みを浮かべながら、彼女は形よい尻を後ろに突き出して少し振った。男達は隠された美しい秘部を想像し、彼女を犯しているように感じた。

広場は一瞬、息詰まる静寂に包まれた。シャーという刃が滑る音がして体が少し強張ったが、首をすくめる間もなく、クリスティーナの頭は下に用意された木桶の中に転がり落ちた。残された胴は尻をブルンと震わせ、ゆっくりと四肢を広げて腹ばいに崩れた。
[PR]
by kikuryouran | 2006-12-15 02:22 | 処刑 | Comments(0)

打ち首

牢屋敷の中には首打ち場が設けられていた。穴が掘られてその前に座らされる。襟をはだけて肩口まで首を露わにされ、両肩を押さえつけられると首が穴の上に突き出される。首打ち人が打ちおろすと首が前の穴に転がり落ち、噴き出す血が止むまで両肩を抑えて血を穴に落とした。
「暴れるんじゃねぇぜ、暴れた奴は生き地獄だ。この前なんざぁ、首をすくめて頭をぱっくり割られてよ、斬る方も慌てたんだろう、肩といわず頭といわず斬り刻まれて無残なもんだったぜ。お役人も腕の確かな人ばかりじゃねぇというわけさ。覚悟を決めて首を伸ばしてさえいりゃぁ、女の細首、ほんの一瞬で首は落ちて楽になる。」
男は牢格子の外から翌日の心得を話し聞かせた。
「しかし、お前ぇのようにいい女がお仕置きってのもめったにあるもんじゃねぇ。今夜はどうせ眠れめぇ。俺達に功徳をほどこしちゃどうだ。土壇場じゃ俺達のやり様一つで、斬りやすいようにもできるんだぜ。」
「そうかい、私も男とはご無沙汰で体が疼いてたとこさ。娑婆にいた頃なら、お前らなんか指一本も触れられない上玉だよ。今夜にでも忍んでくるんだね。」
女は挑むように睨み返した。

翌日、女が引き出される。土壇場に座らされて縄を解かれた。
「いいか、俺達が両方から押さえつけたら尻を高く上げるんだぜ。そうすりゃ首が前に伸びて斬りやすくなる。」
二人の男が両肩を押さえつけて背中まで剥くと、背中一杯に牡丹の刺青が彫られていた。
「いい眺めだろうよ、男の血を吸って咲いた花さ。きれいに散らしておくれな。」
女が可笑しそうに笑った。
伸びた細首が見事に落ちて、押さえつけていた体が艶かしく痙攣しながら血を噴き出させた。裸にすると、血を失った白い肌に真っ赤な花が美しかった。
[PR]
by kikuryouran | 2006-12-12 01:39 | 処刑 | Comments(0)