愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

詫びの腹 (仮題) 4

懐剣を手に取って懐紙に巻いた。怖れはなかった、安堵の気持ちが強かった。子を思い出し心で詫びた。二人の死骸はどのように始末されるのかと思った。埒もないことをと苦笑が漏れる。追っ手が間もなく着くという、切り刻まれようが腹して果てれば辱めは受けまい。夫が来る。会ってみたい気がしたが、未練なと思い直した。
懐剣を突き立てようとした時、人が入って来る気配を感じた。追っ手かと振り返ると懐かしい顔がそこにあった。
「旦那様・・・。」
「そなたも腹を切るか。」
与四郎は部屋を見渡しながら言った。女はしばらく呆然と見上げて、自分が肌を寛げているのに気がついた。腹切るためとはいえ、胸元から下腹際までも露わにしていた。思わず裾を直し襟を合わせた。
「恥かしい姿を・・・。申し訳ございませぬ。」
しばらく無言で見詰め合う。不義理をしたとて連れ添うた仲、いつか夫の目になり妻の目になっていた。
「お一人でございますのか。」
「わし一人じゃ、そなたの始末に手は借りぬ。」
「お恨みでございましょう、討ちに来られたなら早よう討たれませ。」
女は顔を上げて座を正す。顔はすでに妻が夫に挑む顔になっていた。
「この男の妻女は夫に代わり詫びると腹を割いた、このわしの前でな。」
「この人に代わり・・・。」
女はうなだれて目を落とした。
「この手で介錯してやる時、詫びは受けたとわしは約した。苦しい息の下で、嬉しそうに礼を言いおった。」
「そのような事が・・・。」
女の目から涙がこぼれた。

逐電がわかって三日経った頃、俺は呼び出された。無人の寺で女が一人待っていた。夫が不始末を犯しましたと、泣きながら女は詫びた。それで許せるものではなかった。女が中座して隣の部屋に入り、やがて呻き声が聞こえた。女は諸肌脱ぎ、腹に突き立てた懐剣を握って悶えていた。苦しそうな声で何度も詫びの言葉を言った。俺は女の心根を哀れとも思い、死を賭した詫びを無下にはできなかった。詫びを受けると言うと、女は嬉しそうに礼をした。後で思えばそれは女の意地であったのかもしれぬ。死に場を求めていたのかもしれぬと思った。

「書き遺しにはそなたらへの恨みがつづられていた。」
男は妻を睨みながら、それ以上口を噤んだ。
[PR]
by kikuryouran | 2006-08-04 19:49 | 女腹切り情景 | Comments(0)

詫びの腹 (仮題) 3

二人の身体からはまだ情交の名残りが漂っている。すでに深更を過ぎようとしていた。最後の支度は自分の手でと女が望んだ。男を裸で立たせて、女は前に跪いた。最後に唇で別れを告げて股間を包んだ。
「先にわしが腹をする。し遂げたのを確かめて来るがよい。」
「すぐにお後を追いましょう。」
「お前もやはり腹をするのか。」
心配そうに男が訊く。
「私にも腹ぐらい切れましょう。死に方などはどのようにも。すぐに追いつきましょうゆえ、安心なさいせ。」
女が微笑みを浮かべて応えた。

男はさすがに迷いなかった。落ち着いた様子で脇差抜き出し懐紙に巻く。
「そなたとは人の道に外れた縁(えにし)ではあったが、それも此の世でのこと。今生の罪は腹して詫びる、罪償うて次の世では晴れて添おうぞ。」
「有難いお言葉と聞きました。共に詫びをして逝く覚悟、すぐにも後を追いますゆえ必ず添うて下さいませ。」
「わしは悔いぬ、そなたと巡り逢えてわしは幸せであった。先に逝くわがままを許せ。」
それだけ言うと、名残り惜しげにしばらく女を見つめた。
「参る。」
「はい。私もすぐに。」
男はもう前を見なかった。見下ろして腹を寛げる。撫ぜ揉んでしばらく息を整えているように見えた。
男は苦しげな声をこらえて脇までも切り割いた。噴き出す汗が胸元を伝う。すべての肉が震えていた。前に臥せってしばらく肩が震えていた。聞こえていた呻き声が小さくなり、やがてそれも聞こえなくなった。死ぬまで随分かかった気がした。流れ出す血が男の死を実感させた。
男が腹切るのを女は無言で見届けた。男を指先が憶えていた、女の肌はすべてを記憶していた。甘い汗の匂いは心を溶かせた。情欲を隠さぬ肉塊が押し入り貫いた。突き上げ怒張していく男は、腹を貫き裂いて脳天までも届く気がした。肉体が結ばれてひとつになり、魂が混じり合い白い球形に包まれて宙に飛んだ。女は腹切る男を見ながら、彼との情交を思い出していた。
部屋は静寂に包まれている。伏せた男を見ながら、女はしばし物思いに耽った。
[PR]
by kikuryouran | 2006-08-03 14:08 | 女腹切り情景 | Comments(0)