愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

2015年 08月 22日 ( 2 )

殺される理由


愛されている自信はないけど、私は貴方を愛しているわ。
あなたに殺されるのなら、私は喜んで死ねる。
だからね、どうして私を殺したいのか言って欲しいの。
私を殺したい理由を言ってくれたら、私はあなたに殺されてあげる。
でもね、他に女ができたからというのは駄目よ。
私はあなたのためなら死ねるけど、そんな女の為には死にたくないもの。

[PR]
by kikuryouran | 2015-08-22 11:05 | 平成夢譚 | Comments(0)

ルームサービス

ルームサービスを頼むと、ワゴンを押していつもの女が入ってくる。
男がワゴンの上に金を置くと、女は慣れた様子で大きな尻を後ろに突きだした。
「早くしておくれよ、今日は客が立て込んでるんだ。」
背後から男に挿入させて、女がゆっくりと腰を振り始める。
やがて二人の動きがシンクロして一気に頂上に昇り詰めた。
数分後、女は何事もなかったようにまたワゴンを押して部屋を出て行った。

[PR]
by kikuryouran | 2015-08-22 01:18 | 平成夢譚 | Comments(0)