愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

2015年 08月 10日 ( 1 )

切腹前夜


男は翌日死ぬことが決まっていた。
わしが死んだらお前はどうすると訊かれて、妻が再婚いたしますと応えた。
「他の男にやりとうなければ、その手で殺して逝かれませ。」
女はからかい挑むように言って背を向けた。
男はその場で女を殺したい衝動と闘っていた。
その時女は、男の手で殺されることを願った。

[PR]
by kikuryouran | 2015-08-10 08:33 | 男のharakiri | Comments(0)