愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

初めての・・・

その少年は自信無げな幼さを漂わせていた。体躯はまだ未完成なもろさを感じさせながら、恥部の草叢は黒く生え揃って、男性の徴(しるし)はもう夫のそれと変わらなかった。
「初めてなんです。」
彼は恥ずかしそうに言った。
「君は幾つ?」
「十八です。もうすぐ・・・。」

彼の愛撫は稚拙で荒々しく、私はなだめるように身体を離して言った。
「じっとして、任せてちょうだい。」
彼は身体を固くして目を瞑った。
横たわる彼はもう充分に勃起していた。彼のペニスはまだ汚れのない輝きを残して、触れると鋭敏に反応した。全身を強張らせて彼は堪えていた。
「我慢しなくていいのよ。」
先を含んで優しく握ると、それは指の中で硬度を増した。膨張して震えながら口いっぱいに堪えていたものを吐き出した。射精する少年の痙攣を感じながら、広がる芳しい匂いに私は頭の中が真っ白になった。舌で拭うと、萎えかけた肉塊はすぐに口の中で逞しさを取り戻していた。

「入れていい?」
見下ろして私が言うと、彼は頷いた。
指で導きながら、私はゆっくりと腰を下ろしていった。手を握り合って、私たちは侵入していく先端に神経を集中させた。呑み込まれながら硬く膨張していくのがわかる。完全に結合して恥部をこすりつけた。
「気持ちいい?」
彼は嬉しそうに微笑んで大きく頷いた。不安げだった目に安堵の色が浮かんでいた。
覆いかぶさるように顔を近づけて、私は祝福の軽い口付けをした。見詰め合って手を握る。私たちは身体を密着させて抱き合った。

それはもう奥深く私の中心までも届いていた。結ばれたまま身体を入れ替えて私は彼に主導権を渡した。
「もう、いいわよ・・・。」
見上げて言うと、私は目を瞑った。
束縛から解き放たれて、彼はもう男として一気に私を犯し始めた。荒々しい動きに戸惑いながら私は動きを合わせてやった。やがて満足そうな笑みを浮かべながら、私の中に彼は目的を果たした。
[PR]
by kikuryouran | 2007-09-30 03:10 | 平成夢譚 | Comments(0)