愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

愛の記憶

日本が敗戦してひと月程も経っていた。
秋の気配がする早朝、大内礼子は割腹自決を遂げた。
夫の大内武夫中尉は、終戦間際に戦死している。

もう深夜に近い。
礼子は斎戒沐浴して、白単衣を素肌に着けた。
既に奥の六畳に支度は調えていた。
ここは夫婦の寝室に使っていた部屋だ。
この部屋で初夜を迎え、夫と最後に過ごしたのもこの部屋だった。

幼い頃からの許嫁で、彼女が女学校を出るとすぐに華燭の典を挙げた。
「俺が戦死しても、取り乱してはならない。」
彼は軍人の妻の心得を説いた。
「その時は、私もお後を追います。」
夫の手を自分のお腹に這わせて、新妻は誓った。
それは彼にとって、最も嬉しい言葉だった。

逞しい胸が私を抱きしめた。
固く勃った愛の徴しが私のお腹を突き上げる。
それは愛する人の健康な欲情だった。
私は全てを捧げる喜びを味わった。
彼は男らしい直截さで私の中に押し入ってくる。
濡れた花弁が受け入れ、二人がしっかりと結ばれる。
その時私は彼の肉体の一部になり、彼は私だけのものだと実感できた。
それは陶然とした一体感だった。
これが前の世から決められていた運命だと、その時私は確信した。

彼がいるような気がして、周囲を見回してみる。
戦死の知らせは、まだ数日前に届いたばかりだった。
真新しい白木位牌が目の前に置いてある。
「これから、あなたとの約束を果たします。」
彼はきっと自分を見守ってくれている。
そう思うだけで、どんな苦しみにも耐える勇気を与えられた。
f0035462_20214739.jpg
礼子は座を占め、前肌を開く。
彼の手で押し開かれたような気がして、少しときめく自分に気付く。
ゆっくりと腹を撫で揉んで、切り割く辺りを確かめる。
愛撫された指の感触を思い出す。
彼女にとっては、すべてが彼との愛の行為だった。
用意していた短刀を手に取った。
ずっしりと手に馴染み、美しい光を放っている。
緊張で息が大きくなる。
瞑目して、しばらく息を整える。
身体が火照るほどに気が満ちてゆくのがわかる。
静寂がすべての時間を止めた。

腰を浮かせて、逆立てた刃にゆっくり身体を預けていく。
突き上げる刃は、まさしく夫の男根だった。
それは膚を割いて血を滴らせた。
「ウムゥゥゥッ・・・・。」
痛みは一瞬だった。
身体を捩りながら耐えた。
極度の緊張で汗が噴き、身体のすべてが強張り震えている。
傷はまだ浅い。
それでも、ついに切ったという安堵があった。

前に屈んで、短刀を両手で握る。
腰を揺らして横に割く。
思っていた以上の激痛だった。
叫びそうになるのを堪えた。
激しい痛みが間断なく襲う。
流れ出す血が意識を奪っていく。
白単衣は、赤く染まっていった。

その時、脳裏を不思議な既視感が通り過ぎる。
確かにどこかで同じような経験をしている。
それは懐かしい前世の記憶だと思えた。

朦朧とした意識で夢を見る。
もう苦痛は感じなかった。
愛する人に抱かれていた。
次々と人の顔が浮かんで消えた。
幾世をも生まれ変わり、巡り逢う魂の輪廻を悟る。
幸せな達成感が彼女を包んでいる。
心地良い闇がゆっくり訪れた。


[PR]
Commented by kirikiri2010 at 2017-11-19 21:33
今は只、めくるめく思いと切ない思いが交差している。
腹すると決めて、同じ思いを、この短刀にゆだねてはいるが・・・。
むぅ。左脾腹に備前長船を突き立てて見たものの、激痛だけが・・・。いざ、潔くとは、・・・。なかなか参らぬもの。いやいや、年老いたりとは云え、引き回して見せましょう。
溢れ出る鮮血が、ご覧頂けますでしょうか?
お許しあれば、介錯を・・・。
Commented by kikuryouran at 2017-11-19 23:31
> kirikiri2010さん
介錯をお望みなれば・・・。
お雁首ひとつ、まいらせましょうや。
まだまだお若ぅございますね。

介錯を待つ白髪首ひとつ落ち
Commented by kirikiri2010 at 2017-11-23 23:29
介錯有難う御座いました。
年老いたりとは云えど、まだまだ欲深い情念が・・。
Commented by kikuryouran at 2017-11-26 03:21
> kirikiri2010さん
欲深い情念ですか。
人は歳を取っても、精神は衰えないと聞いたことがあります。
もちろん、体力の衰えに従って気力も落ちるのは事実でしょうが。
最期まで、その尊厳を失わずに死に臨むということが最近話題になっています。
たとえ淫らでも、若い頃の情念感性を忘れずにいられたら、ボケはないのかもしれない。
ふと、そんなことを思いました。
by kikuryouran | 2017-11-18 22:47 | 女腹切り情景 | Comments(4)