愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

AVの女


久しぶりに会った彼女は、AV女優になっていた。
「私があなたのことを好きだったって知らなかった?」
彼女は私をホテルに誘った。
しばらくして、彼女と私の盗撮ビデオが店に並んだ。
彼女ははっきりとわかるが、私の顔は隠されていた。
そのビデオは私の宝物になっている。


[PR]
by kikuryouran | 2015-11-06 01:32 | 平成夢譚 | Comments(0)