愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

夫婦の時効


女の頭の中はどうなってるんだろうねぇ。
物憶えは悪いのに、昔俺が浮気した相手をちゃんと憶えていやがる。
突然、二十年も前の話を持ち出すんだから始末が悪い。
男の頭は言い訳には向いていないようね。
黙って聞いていると次々とボロを出して辻褄が合わなくなる。
女に時効はないってことを時々は思い出させてやらないとね。


[PR]
Commented by kirikiri2010 at 2015-10-11 23:30
そうだったんですね。時効がないんですね。
お詫びは、腹するより他はないのですね。
何時ぞやの、あの若い女の子・・・・。
ご存じでしたのですね。
ごめん。いざ!
この左の脇腹に、短刀を突き立てて・・・
後は、貴女の思いのままに・・・、
Commented by kikuryouran at 2015-10-11 23:41
お腹を召しても赦されないこともあるのです。
打ち首獄門やはりつけ縛り首も覚悟なさいませ。
Commented by kirikiri2010 at 2015-10-12 20:27
うーむ。「打ち首獄門はりつけ縛り首」ですか。
やむを得ません。私がしでかした事です。
貴女の御不興をかってしましました。
いかようなりと貴女のお気の済むままに。
Commented by kikuryouran at 2015-10-16 00:12
裸 張り付けにでもしましょうかね。
両の脾腹にズブリズブリ。
いかがでしょうか。
by kikuryouran | 2015-10-10 01:29 | 平成夢譚 | Comments(4)