愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

プロの仕事


初めての日は、お客は取らなくていいからと、隣の部屋から佳代さんの仕事を見せられました。
佳代さんはこの道三十年のベテランで、もう恥ずかしくもないよと笑っていました。
あの人は、仕事の時は驚くほど若く見えるんです。
私が見たのは五人ほどだったけど、お客さんはみんな良い顔で帰っていきました。
仕事だと割り切ってみるとイヤラシイとも思わなかったですね。
あの時の経験が私にこの仕事を続けさせたのかもしれません。

[PR]
by kikuryouran | 2015-08-25 05:55 | 平成夢譚 | Comments(0)