愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

裏切りの報酬


後ろ手錠で歩く俺の後ろから、女が歩いてくる。
裏庭の隅に大きな穴が掘られていた。
穴を覗き込むように俺は膝まづかされた。
彼女が俺の後頭部に銃口をあてる。
「ベッドのあなたは素敵だったわよ。」
耳元で発射音が聞こえる間もなく、俺は暗闇に落ちていった
[PR]
by kikuryouran | 2015-08-23 03:42 | 処刑 | Comments(0)