愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

お望みのように

どんな死に方をお望みですかと男が言った。
楽でなくていいから美しくお願いと女。
「少しお苦しいですが、切腹などいかがでしょうか。」
「セップク・・できるの?」
「それはもう、立派にしていただけますよ。」
女は作法通りに拵えられた切腹の座に着いた。

[PR]
by kikuryouran | 2015-07-21 11:57 | 平成夢譚 | Comments(0)