愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

血の記憶

私は久しぶりに東北の田舎町に帰って来た。
父も母も随分前に亡くなり、もう縁類もほとんどいなかった。
両親の墓に花を供え、私はその町で宿をとった。
彼に別れの手紙を書いて、私は三日の間酒に溺れて過ごした。
四日目の朝私は山に向かった。

故郷の山は優しく迎え入れてくれた。
誘われるように登山道から外れて、しばらく行くと視界が開けた場所に着く。
人が来る心配はなく、私はその場所で何故か安らぎを覚えた。
疲れた私は少しまどろんで夢を見た。
一人の若者が切腹しようとしている。
場所はここに間違いはなかった。
気がつくと、その若者は私が愛した彼だった。
彼は刀をお腹に突き立てた。
ゆっくりと引き回す。
彼は苦しそうに顔を歪めた。
彼のペニスが股間に勃っている。
私は手を伸ばす。
命の水が私の指の中で何度も噴き上げ、目の前を白濁した精液が覆った。

目が覚めて私は淫夢の余韻に浸った。
指にはまだペニスの生々しい感触が残り、私の中心は濡れていた。
自然に揺れる光の中で、私はゆっくりと指を動かした。
目を瞑ると心地良く風が頬をなでる。
私は高みに昇ってゆく。
身体を反らせて魂を解き放った。

彼は私より一回り以上も下、結婚出来るとは思えなかった。
私は捨てられる予感に常に怯えていた。
惨めに彼を失うことを想像して、私は気が狂いそうになる。
この苦しみから私は逃げたかった。

用意していた短刀の刃をハンカチで幾重にも包む。
私が死ぬことで彼は解放され、私は永遠の愛に包まれる。
愛に殉じる昂揚感が私を動かしていた。
もうためらいはなかった。
「アウッ・・ゥゥゥ・・・。」
お腹に突き立てる。
痺れるような痛みが全身に広がった。
この痛みこそが彼への愛の証しに思えた。
ゆっくりと刃を横に運ぶ。
「アグゥゥゥゥ・・・。」
激痛が襲い、意識が朦朧としていく。
不思議な陶酔と充実感に包まれていた。
膝に逆立てた刃先を乳房の下に当てた。
身体を前に預けていく。
ズブッズズズと、短刀が胸に沈んで暗闇が訪れた。

病室から見える景色は、もう春の息吹を感じさせる。
私が死のうとして入った山も近くに見えた。
「もう少し発見が遅かったら助からなかったそうですよ。」
泊っていた宿の女将(おかみ)だった。
宿を出る時の様子が気になったので後から探してくれたのだという。
「死なせてくれればよかった。」
私はうそぶく様に言った。
「私も十年前に・・・。」
拳をお腹に這わしながら彼女は言った。
私たちはしばらく黙って見詰め合った。
「女将さんもお腹を・・・。」
「あなたほどは切れなかったけどね。」
彼女はそう言いながら傷痕を見せてくれた。
下腹を大きく切ったのがわかる。
「この辺りでは女でも切腹するのよ。やはり会津の血かもしれない。」
「会津の血・・・。」
その言葉に私の心は感じるものがあった。
あの時私は、お腹を切りながら不思議な既知感を感じていたのを思い出した。
あれが血の記憶だったのかもしれない。

f0035462_3572492.jpg

その夜、私は不思議な夢を見た。
何人もの若者が自決しようとしている。
ドラマで知っている会津の白虎隊だった。
一人の若者が私の前でお腹を切っていた。
顔立ちに記憶がある。
「さあ、共に逝こう・・・。」
彼は誘っていた。
私も腹に脇差を突き立てる。
痛みが広がる。
一気に刃を引き回した。

それから同じ夢を何度も見た。
数日後、女将さんがまた見舞いに来てくれた。
夢の中の若者が彼女に似ていたことに、私はやっと気が付いた。
「私も同じ夢を見るのよ。」
彼女は私を見ながら言った。
私たちは夢の記憶を語り合い、記憶を蘇らせていく。
「彼らは、生まれ変わってここでまた逢おうと誓い合ったそうよ。」
私たちは、彼らの生まれ変わりだと確信した。
[PR]
Commented by 玉梓 at 2013-03-01 15:19 x
Kiku さま
やはり会津がお好きなのですね。
白虎隊のこと―何度、拝見させて頂いたことでしょうか。
山の淋しい宿―
白状します。玉梓は、東山温泉の向瀧旅館に宿泊しながら、会津の故事を偲びつつ、何夜も過ごしました。夜遅く、家族風呂に一人で浸りながら、忍ばせた懐剣で、何度も何度も、お腹を切りました。女将に悪いので、流した血は自分で始末しました。毎晩、夢を見ました。何時も同じあの夢を―
新らしい創作を拝見しながら、芯を燃え上がらせております。
Commented by kikuryouran at 2013-03-02 02:10
玉梓さま、ご意見有難うございます。

会津は好きですね。
命は大事ですが、潔く死ぬということを今私たちは忘れているのかもしれない。
淫ら事と結びつけることに後ろめたさも感じますが。
血に刷り込まれた記憶というのはきっとある。
生まれ変わりもあると信じたい。
前世からの魂の継承が生命の叫びなのかもしれない。
Commented by 玉梓 at 2013-04-26 09:59 x
Kiku さま
大変です。耽美派ファンの掲示板が閉鎖されることになったそうです。
同時に画像庫や。特集画像庫・特撰画像庫も閉鎖になり、見ることができなくなるようです。
最近、同じ趣味をお持ちの方がアクセスできるサイトがめっきり減っていますので、玉梓は、残り少ないサイトとして、胸をときめかせながら、時々覗いておりました。そう申しているうちに、kirikiri さまが新しいサイトを創って下さったようです。ありがとうございます。絶滅種にはなりたくありません。
Commented by kikuryouran at 2013-04-28 05:41
お互い、既に絶滅種ではないかと思います。
(笑)
この嗜好自体が滅びの美学に共感するものでしょう。
運命を受け入れ、心静かに消えるのもまた相応しいのかもしれません。
Commented by 玉梓 at 2013-06-18 17:06 x
Kiku さま
今年の大河ドラマ、八重の櫻もだんだんと進み、薩長の会津侵略が始まりそうです。今週にでも、白虎隊の最後が出てくるでしょうし、西郷邸での悲劇も出て参りましょう。どのような扱いになるかは存じませんが、今度のNHKの扱いは、会津に同情的な筋書きが目立ちますので、もともと大の会津贔屓の玉梓はどうしてもそわそわと、心を燃やしてしまいます。義に殉ずる純粋な切腹には、筆舌に尽くし難い味わいがあり、魅かれます。
Commented by kikuryouran at 2013-06-21 13:16

大河ドラマは見ていません。
国営放送に期待してもネェ。
これまで期待してどれほど裏切られたことか。(笑)
Commented by 無明 at 2013-07-04 20:29 x
ちょっとお邪魔します…
会津生まれのわたしとしてもコメントしたくなりました。ビジュアル派ですので閉鎖されてしまった耽美派ファンのサイトに体を張って(笑)出ておりました。kirikiriさんのおかげで復活していますが…私の偽物なんぞが現われて、なんとなくそちらには出るのが憚られる思い…。
もう貴重といっていいこのサイトはぜひ維持していただきたいな…との想いでご連絡いたしました…もうずいぶんと更新されていないのでちょっと心配…「血の記憶」は傑作です!
Commented by kikuryouran at 2013-07-06 19:22
無明さま、コメントを有難うございます。
偽物?憚られる?
そうなんですか・・・。
更新していないのは、画像遊びが忙しかったのと、書きたいものが浮かばなかったので。
この部屋を覗いて下さるのは、一日数人ほど。
やはり絶滅種でしょうね。
Commented by 無明 at 2013-07-07 14:17 x
絶滅種、やむを得ないかもですね。
でも、もともとこの趣向は少数派だったのでは…と思います。「くろねこ写真館」で奇譚クラブのバックナンバーが見られますが、一時期を除いて切腹ものは掲載がすくないですね。
 会津生まれですので当然「白虎隊」の話は幼いころより耳にし目にしていました。切腹はごく日常的な生活の中にありました。ただ、思春期に近づいたころ、雑誌に載った若侍の切腹イラストが非常になまめいて感じ、家にあった「白鞘短刀」をむき出しの下腹に当てた時、初めて性の衝動に襲われてしまいました。それ以来幾度となくプレイに浸り、あるときは薄いハラキリをしていたものです。そんなときに奇クで「女腹切りのイラスト」を見出して、その魅力から逃れられず今に至っております。
 「切腹ごっこ」さまのサイトも閉鎖されるようで、ますます絶滅種になりつつある我々ですが、だからこそkikuさまに頑張って頂きたいと思って書き込みしました。頻繁に更新なさる必要はありません、続けることが肝要でございます。よろしく…
Commented by kikuryouran at 2013-07-08 19:55
切腹ごっこ」さんも閉鎖ですか・・・。
ここもどうなりますか・・・。
昔は普通の家庭に短刀のようなものがあったのですか。
白刃の誘いだったのか、血の中に潜む魂の声であったのか。
それにもう、精神性を求める時代ではないのかもしれない。

Commented by 無明 at 2013-07-08 23:31 x
普通の家庭ではなかったんでしょうね。母一人子一人のおばあちゃんが一人息子の出征時に、もし戦死の知らせが入ったその短刀で自害するつもりで用意していたものだそうです。戦後もそのまま仏壇の奥にしまわれておりました。切っ先に少し錆がついていました。もしかしたら彼女はその短刀をおへそか秘所当てることがあったのか…そんなあらぬ妄想を抱かせる錆ではありました…
いずれにしてもkikuさんのこのサイトができるだけ長く続くことを、数は少なくとも玉梓さんはじめ熱い思いの方々が願っていることは確かですよ…
Commented by kikuryouran at 2013-07-09 10:08
ほんの数十年前には、短刀での自害が普通に考えられたのが不思議な気がします。
国に殉じ、愛に殉じることが実際にあったのでしょうね。
Commented by 玉梓 at 2013-07-09 12:06 x
Kiku さま
公共放送は期待しない、とのことでしたが、玉梓はやはり「八重のさくら」を連続2週間、見てしまいました。会津贔屓なのです。
予想通り白虎隊の最後と西郷邸での集団自決の場面がありましたが、そうと察するようになっていて、それなりの感慨はありましたが、迫力はありませんでした。ただ、死に遅れた西郷細布子と土佐藩士中島信行との逸話の場面はありました。細布子は、左の咽喉を切っておりました。
そんな中で、神保修理の妻、雪子が、娘子隊員として薙刀を奮って活躍したあと、負傷し、一旦大垣藩に捉えられ(多分辱められ)たあと、土佐藩士の吉松速之助の短刀を借りて、自決する場面だけは、充分に間を取り、迫真の演技でした。大写しになった雪子の左の首筋に、右手で柄を持ち、左手を峰に添えた短刀の切っ先を耳下の頸動脈に当てて、しばし躊躇ったあと、一気に搔き切りました。じーん、とくる場面でした。首筋に当てた切先の冷たい光が印象的でした。
玉梓などは、傷を負った雪子は敵兵の見る前で懐剣で見事に割腹し、返す刀で咽喉を突いた、と信じております。NHKの場面は到底不満足ですが、でもここだけがせめてもの救いでした。
Commented by kikuryouran at 2013-07-10 04:14
会津贔屓ですか・・・。
長く培われた血の記憶がそういう行動をとらせたでしょう。
決して会津だけではないように思います。
Commented by 玉梓 at 2013-07-10 09:51 x
Kiku さま
会津が好き、よく会津に参ります。前にも告白してしまいましたが、この春に東山温泉の向瀧旅館に宿泊して、会津の故事を偲びつつ、家族風呂に一人で浸りながら、忍ばせた懐剣で、何度も、下腹を切りました。女将に悪いので、流した血は自分で始末しました。始末しながらも、余韻に酔い呆れました。深腹をしたので、跡が残りました。愛しい傷跡に触るにつけても、何度も流した血が、「血の記憶」となって玉梓の身体の中に生きているのでしょう。
新しい創作を待望しながら、芯を燃え上がらせております
Commented by kikuryouran at 2013-07-11 03:25
玉梓さま、コメントありがとうございます。
実際に懐剣をっ使ってというのはすごいですね。
くれぐれも事故にならないようにお祈りします。
新しい創作ですか・・・。
いろんなアイデアを出して頂けるとありがたいですね。
Commented by 無明 at 2013-07-12 09:50 x
例えば…
ある彼女と、何かの会話から発展して「切腹が野蛮だなんて…ギロチンのほうがもっと野蛮ね」「切腹に興味をもって日本刑罰史の本を読みあさったことがあったわ」との話になり「白虎隊」から「女腹切り」の話に至ったことがあります。そんな二人が飯盛山を訪ねることになり、東山温泉に泊して玉梓さんのようなプレイから、ついには本当の切腹に至る…こんなストーリーもありかな…
Commented by kikuryouran at 2013-07-14 01:49
なるほどねぇ。
無明さんの中では、もうほとんどできていますね。
(笑)

Commented by 無明 at 2013-07-15 12:43 x
出過ぎたまねを…失礼しました(笑)。
彼女とそんな会話をしたときに「こんど二人で飯盛山に行ってみようよ」と言い、彼女も特に反対はしていなかったのですが、そのまま、そこから前へは踏み込めずにいます。実行したら、付け加えた私の妄想を現実にしそうで…(苦笑)。これから先の事は分りませんが…「切腹心中」はバーチャル世界の中で楽しんでまいりましょう…でも、いつの日か、東山温泉切腹心中が報ぜられるような事がありましたら…
by kikuryouran | 2013-03-01 03:41 | 女腹切り情景 | Comments(19)