愛と死の妄想  feseppuku.exblog.jp

ショートな妄想フィクションを書いています


by kikuryouran
プロフィールを見る

狂気の誘惑

自分の中ではまだ腹切る願望と死へのためらいが戦っていた。
私は裸で胡坐(あぐら)をくんだ。
切腹に血が騒いだのはいつ頃からだったろう。
前世からの記憶かもしれない。

手に持つ短刀は妖しい光を放っている。
刀身を見詰めていると引き込まれる。
情念と狂気、刃の誘惑と生への執着。
危ういバランスが崩れる予感があった。
私にとってそれこそがエロスの極致と思えた。
いつかきっと均衡が崩れて、私は刃を腹に突き立てる。
じっとりと汗が噴き始めた。

ペニスが硬度をもって屹立していた。
手淫して欲情を吐かせてもそれは萎えなかった。
それは生きたいという意志だった。
「未練な!」
勃っているそれを根元から切り放した。
魂が咆哮する。
自分の腹を十文字に割く。
妄想と現実が交錯していた。
何度も繰り返されて、その想いは研ぎ澄まされていく。


その日、彼は刀剣展の会場で立ち尽くしていた。
何日も通って会期はもう今日が最後だった。
目の前には短刀が妖しい光を放っている。
無銘ながら銘品だった。
鎌倉期のもので何度も血を吸ったと伝えられている。
拵えは無く、刃先鋭く反りは少ない。
身巾は狭く刃渡り八寸余り、中程に小さな曇りがある。
彼は誘われていた。

その時周囲に何人も人はいた。
彼は短刀に手を伸ばした。
見ていた者もそれは自然な動作に思えた。
気が付いた者が職員を呼んだ。

逃げようとする気配はなかった。
「騒がないで下さい。」
彼は遠巻きに見守る者に言って、その場に胡座をくんだ。
手には展示されていた短刀が握られている。
「この短刀が俺を誘っている。」
彼が小さく呟くのを何人もの人が聞いた。
素肌に着けたワイシャツの前を開ける。
清らかさを感じさせる胸と腹だった。
ズボンの前ボタンを外すと固く勃った男根が弾け出した。
彼は片手に短刀を持ったままそれをしごいた。
やがて白濁した液体が散った。
ワイシャツの裾で刃先10センチほど残して短刀を包み腹を揉む。
萎えぬペニスを彼はしばらく見下ろしていた。
雁首を握って根元に刃を走らせる。
それは見事に切り放されて血が噴き上げた。
肉塊を前に置いて、下腹に突き立て引き回す。
ゆっくりと膝間に血が広がった。

十人ほどの男女が見守る中で、彼は平然として全ての動作を行った。
自慰を見ながらも卑猥さは感じなかった、と後で一人の女性が感想を述べた。
古武士のように見事な切腹でしたと述べた者もいた。
それが神聖な儀式に思えて、止めるのを憚られたと誰もが口を揃えた。

警官が到着して取り押さえるまで十数分の時間があった。
彼は十文字に腹を切り、内臓を溢れさせ病院に運ばれた。
不思議にも満足そうで苦しんでいないようでしたと、救命に携わった医者が言った。
彼は割腹自決を遂げ、事件は狂気の自殺と報道された。

それからしばらく、切腹自決を試みる者が何人も現れた。
男も女もいた、成功した者も失敗した者もいたが、もうほとんど報道はされなかった。
[PR]
Commented by 玉梓 at 2011-07-05 16:24 x
kiku さま
素晴らしい! よく書いて頂きました!
なんと素晴らしい作品でしょう。ジーンと―痺れて、まだ余韻が覚めませぬ。
取るものも取り合えず、御礼を申し上げます。
すこし鎮まりましたら、改めて、お話させて下さい。

Commented by kikuryouran at 2011-07-05 19:00
これは玉梓さんのお話からできたものです。
(笑)
Commented by 玉梓 at 2011-09-08 10:03 x
Kikuさま
暑気も幾分和らいで参り、いよいよ読書の秋がやって参り
ます。Kikuさまの次の作品を心待ちに焦がれております。

以下は玉梓の夢です。
最近あるサイトで、クレオパトラの最後について、イタリアの
アルフィエーリという方が、「彼女はアントニウスの後を追って
腹を掻き切って果てた」と書いておられることを知りました。
通説では、絶望したクレオパトラは、屹立した彼女の左の乳首を
猛毒をもっている蛇に咬ませて、愛する人の後を追ったと
教えられてきました。そうでなくて、あの絶世の王女が割腹自殺
を遂げられた、ということは素晴らしいお話です。この2つの
お話を組み合わせて、割腹したあと、毒蛇に乳首を咬み切らせて
お止めとされた、などの幻想へと果てしなく誘って参ります。

このお話は、終戦の時に、杉山元帥の夫人が、自害した夫の
絶息を電話で確認したあと、正装されてから、胸元を寛げ、
青酸カリを口に含ながら見事に左乳の下を突き刺した後、
青酸カリを嚥下されて、ご最後を遂げられたお話と通ずるもの
があるような気がします。
Commented by 玉梓 at 2011-09-08 12:50 x
Kikuさま
追って、玉梓の勝手な夢想は限りなく拡がります

クレオパトラの刃はアントニウスから贈られた宝石をちりばめた
黄金造りの短剣(諸刃の刃)であって欲しい。下腹部の
真ん中を突き刺し、右、左に幅広く斬り捌いて欲しい

クレオパトラが毒蛇に咬ませたのは、屹立した乳首ではなく、
子宮であったと思いたい。(女陰から導き入れて、咬ませるか
割腹した傷口のはらわたを掻き分けて、咬ませてほしい)

それは無理でもせめて、毒蛇の毒歯に咬ませたのはクレオパトラの
屹立したクリであって欲しい。 ああお赦しを!
Commented by kikunotubuyaki at 2011-09-09 02:54
うーーーん。
クレオパトラにそのような・・・。
そのアイデアをそのまま使うのはむりでしょうが。

すごい創造力ですね。
脱帽です。
Commented by 玉梓 at 2011-09-10 13:36 x
Kikuさま

お言葉、有難うございます。愚かな妄想、お恥ずかしゅう
ございます。お赦しくださいませ

クレオパトラが使った毒蛇はアスプコブラと信ぜられております。
ナイル河周辺にのみ生息し、体は小さく、60cm以下ですが
キングコブラ並みに呼吸神経を破壊する猛毒を持っており、
その1咬みは象をも即死させた、と言います。もしクレオパトラが、
彼女の乳首、いや若しかして、屹立したクリトリスを一咬みさせれば
文字通り立派なおとどめとなったと、どうしても妄想してしまうのです。
重ねてお赦しを!

Commented by kikuryouran at 2011-09-12 03:00
短剣には蛇の装飾が施されていた。
その短剣で・・・。
自らの手で腹を屠って苦しむアントニウス。
その前で一糸纏わぬ姿で自決するクレオパトラ。
毒蛇とは彼のペニスのことではなかったか
Commented by 玉梓 at 2011-09-12 11:07 x
嗚呼 kikuさま
素晴らしいご創造です。蛇の彫りもののついた短剣!
感銘しました
アスプコブラは首のまわりに猛毒の詰まった嚢(ふくろ)が大きく
膨れ出ていて、三角形になっており、その下の細い胴に
繋がっております。そこは屹立したペニスの頭部のカリのくびれと
酷似しております。体長小振りのアスプコブラの頭部は将に
生けるデイルドウなのです。サイズも絶妙です

割腹自殺を遂げた鮮血まみれのアントニウスの前で一糸纏わぬ
クレオパトラが、アントニウスの血染めの短剣で下腹部を切り、
アスプコブラを男根に見立てて弄び、女陰に導き入れて、コブラの
鱗(うろこ)が産道の柔肌に擦れて醸し出す素敵な感触を味わい
ながら、こみ上げる快感の絶頂で一思いに子宮を咬ませて逝く―

それとも女陰に導き入れて、柔肌―ウロコの醸し出す感触を楽しみ、
湧き上がってくる快楽の絶頂で、コブラを一旦引き出して、
悦楽の予感に震えおののく屹立しきったクリトリスを一咬み深く
毒牙で咬ませて、悦楽の絶頂で息絶える 
ああ、罪深い妄想 もう駄目になりそう 

Commented by kikuryouran at 2011-09-15 15:25
アスプコブラというのですか・・・。
博識におそれいるばかりです。
玉梓さんのコメントは詩情あり猟奇的なエロスありと縦横無尽。
懐の深さをかんじさせます。
しかし、あの時代の短剣は日本刀のような鋭利さはなかったのではないかと思います。
そのような短剣で果たして下腹部を切り開けるものか・・・。
倭の切腹とは自決の方法も違うでしょう。

心理学的に蛇や短刀はペニスの象徴だそうです。


Commented by 玉梓1 at 2011-09-16 18:56 x
Kikuさま
お言葉、お恥ずかしゅうございますが、嬉しいです。

古代ローマ、短剣、割腹―出来ます。実例があります。

ローマの覇権をカエサル(シーザー)と争った小カトー
(大カトーの孫)は、前線からルビコン川を渡って戻って
きたカエサルと戦って敗れた折に、降服することを潔しとせず、
テントの中で短剣で見事に腹を掻き切っています。

主の異変に気がついた従者が、応急手当て(縫合)をした後、
仲間に知らせようと、外に出た隙に小カトーは、短剣で再度
縫合を切り破り、さらに上下に幅広く切り開いて(十文字)、
あふれ出る血まみれのはらわたにのたうち回りながら、絶息した
と伝えられています。カエサルは、如何にも潔く、男らしい
小カトーの死を悼み、絶賛したそうです。これは史実です。
自殺を禁じたキリスト教が入ってくる前の自由闊達なローマでの
出来事でした。
Commented by 玉梓2 at 2011-09-16 18:59 x
勝ったカエサルの軍にはアントニウスがおりました。
そのカエサルの子、オクタビアヌスと戦って敗れた上に、
謀略にかかって「クレオパトラが自決した」と知らされて、
絶望したアントニウスがお手本としたのは華々しい小カトーの
割腹であった、と思います。腹掻き切って、気息奄々たる
所へクレオパトラが現れた―このあとは、嗚呼―これから先は
夢です。いえ、有りうる夢想です
Commented by kikuryouran at 2011-09-17 02:34
この話を書けと・・・言われているような。
あまりこの手の知識がないもので難しいと思います。
(笑)
Commented by 玉梓 at 2011-09-17 15:00 x
Kikuさま

そのようなことでは決してございません。
クレオパトラのことは、既に申し上げました通り、偶々ある
サイトである方がお書き込みになったのが目がとまりましたので
つい勝手に脱線して、長々と道草を頂いてしまいました。

どうぞお構いなく、自由闊達になさいまして、kikuさまが
お築きになりましたあの素晴らしい世界へとお導きくださいませ
待ち焦がれております。
by kikuryouran | 2011-07-05 02:56 | 平成夢譚 | Comments(13)